夫婦喧嘩の流儀「TPO」

TPOという言葉をきいたことありますか?
時間、場所、目的という意味で、それにあった行動をしましょう、という事ですね。
これは、夫婦喧嘩にも当てはまるという事に気づきました。

kekkon_073001

 

TPOにあった「してもいい喧嘩」と、「してはいけない喧嘩」があるんです。

T(時間)は適切ですか?

喧嘩をすると、どちらも引き下がらずに、長時間になってしまいますよね。
とてもエネルギーを使うので、長時間になるとそのうち疲れてしまいます。
お互いが疲れてくると、感情的になってしまったり、冷静さを失ってしまうかもしれません。

あまりにも長引くような夫婦喧嘩なら、「今日はこの辺で…」と、一区切りをつけましょう。
また次回も夫婦喧嘩ができる程度にとどめておきましょう。
お互いが疲れない程度の夫婦喧嘩が、よい夫婦喧嘩です

P(場所)は適切ですか?

「子どもがいる前で喧嘩をしてしまった…」
こんな風にならないように、夫婦喧嘩は場所も考慮しましょう。
子どもの前や公衆の場では、どんなに腹が立っても避けましょう。

お互いの意見を思う存分言える環境での夫婦喧嘩が、よい夫婦喧嘩です

O(目的)は適切ですか?

あなたのやっている夫婦喧嘩の目的は何でしょうか?
夫婦喧嘩の原因は、「ささいなことがきっかけで…」というのが大半を占めています。
単に自分のストレス発散のための夫婦喧嘩は絶対にしてはいけません。

今後の夫婦生活に重要で、かつ問題が改善される見込みのある夫婦喧嘩をしましょう。
それ以外の夫婦喧嘩は夫婦関係を悪化させるにすぎません。

喧嘩するほど仲がいい、とも言います。
必要な喧嘩もありますから、しっかりとTPOを意識しましょう。

復縁占い

復縁は時期が大切です

相手とあなたの周期がピッタリを狙えば、
その復縁はうまく行きます。
お勧めは、ななみ先生です。
未来が見えているかのようで任せられます。