You are here: Home » 体験談 » 結婚 » 主人のリストラで結婚の危機を迎えました

主人のリストラで結婚の危機を迎えました

主人と結婚して十年、平穏無事な毎日でした。

もちろん、結婚当初はお互い色々とぶつかることも多かったです。

でもこれは、どのカップルにも必ず訪れる、違う人生を歩んできた人間同士が
一緒に生活するうえで避けて通れない衝突であって、
本質的に性格が合わないとか、この人とはやっていけないとかいう
重大なものではなかったと思います。

073010

 

平穏無事な毎日に波風がたったのは、2年前ですが、主人が会社からリストラにあった時です。
私は病気がちで、うつ病をわずらったこともあり、主人に支えてもらったこともありました。



今度は私が恩返しする番だ!と思い、すぐに就職活動をし、パートをかけもちしてがんばりました。
主人とお互い支えあいながら、困難を乗り越えよう、と心底思い、頑張りました。

でもパートの時給はたかが知れているので、焼け石に水という感じで、
どんどん家庭の貯蓄は減っていきました。

お互い焦る気持ちが出てきて、ちょっとしたことで言い争うようなこともありました。
でも、そこで私は諦めたりせず、一生支えて行こうと心に決めたんです。

それからはあっといまで、主人の再就職が決まり、私もパートを楽しむ事が出来て
かえって以前より明るい家庭になったと感じました。

最大のピンチを一緒に乗り越えられたと、振り返って今は思います。
結婚したら一蓮托生、ピンチの時でもしっかりと支えましょうね。



073010

この記事に感動したら



★結婚生活の悩みなら

結婚生活はいつのまにか事態が進行している事がしばしば。

気付いた時には既に手遅れになってしまう事も。

小さな悩みがあるうちに、こまめに解消してしまいましょう。

プロのカウンセラーに気軽に相談できる環境をあらかじめ用意しておくと後々楽です。

あなたのお悩みは?
   ⇒相談してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>