You are here: Home » 体験談 » 赤い糸が切れる瞬間

赤い糸が切れる瞬間

私達は10代の頃から付き合っていました。
長い長い付き合いで、自然とお互いが結婚を意識しあう程の中でした、
私も彼女とは赤い糸なんてもので本当に結ばれてるんだなと感じたくらいです。

結婚して、子どもが出来たときの為に、彼女に仕事を減らしてもらうように言いました。
彼女はまだ仕事にやりがいを感じていると言いましたが
私は子どもが早く欲しくて、説得するように彼女の意見を折らせました。
それがきっかけだったのかもしれません。

彼女は仕事を減らしたせいで、時間をもて余してしまったようです。
空いた時間、彼女が何をしているかなんて、まったく考えていませんでした。

気がついたらお互いが無関心になり、彼女の口から別れてと言われました。
何も言わなかったけど、これで夫婦が成り立つわけも無く離婚をしたんです。
自然と、彼女には他の男が居るんだと感じていました。



073007

 

私が思っていた赤い糸は、たかがすれ違いだけで、
お互いの隙間に入ってきた油断がお互いの気持ちを違う人に向けさてしまいました、
どっちが悪いとは思っていません、ただ何となく私の中では赤い糸を信じて
彼女とまた元に戻る日があるんじゃないかと思っています。



073007

この記事に感動したら



★結婚生活の悩みなら

結婚生活はいつのまにか事態が進行している事がしばしば。

気付いた時には既に手遅れになってしまう事も。

小さな悩みがあるうちに、こまめに解消してしまいましょう。

プロのカウンセラーに気軽に相談できる環境をあらかじめ用意しておくと後々楽です。

あなたのお悩みは?
   ⇒相談してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>