You are here: Home » 体験談 » 離婚 » 自分のワガママで熟年離婚しましたが、何も上手く行かず後悔ばかり…

自分のワガママで熟年離婚しましたが、何も上手く行かず後悔ばかり…

初めまして、還暦を大分過ぎた女性です。

40代後半に専業主婦で一生を過ごすのが嫌になり、
時間を掛けた準備の後で夫に突然、離婚を申し出ました。
振り返れば、話題になっていた熟年離婚
婚外恋愛に強く影響されていたと思います。

夫は私の気持ちを理解して、
別居して好きな様に生活してはどうかとまで言ってくれましたが、
自由になりたいの一心で最終的には夫も折れました。

夫の意見に耳を貸さず、急いだのは既に好きな男性がいて、
早く一緒に暮らし初めたいこともありました。

夫は私の隠し事に気づいていたのかもしれませんが、
それに触れることもなく、円満な協議離婚
資産も期待以上に分与し、又、別れ際に
幸せに暮らせと言った言葉が後になって思い出されました。

Herzschmerz



 

離婚後は将来に備えて続けてきた仕事が急に勢いを失い、
2年目には経営的に窮地に陥りましたが、何とか危機を脱しました。
その時、事情を知る人から、元夫が心配して、
暗にサポートしてくれていたことを後になって知らされました。
その時まで、婚姻時代には夫の知恵、コネ、信用が
ずっと後ろ盾にあったことに気づきませんでした。

その窮状を脱して間も無く相手の男性と再婚しましたが、
一緒に生活を始めると、余りにも見掛け倒しが多く、
信じられない事も出て、2年も経たずに離婚しました。

どうにもならなくなってから、元夫のいう事を聞いておけば良かったと思い返し、
謝罪と復縁をお願いに元夫を訪ねたところ
「ずっと戻って来るのを待っていたが、遅すぎた。
既に、再婚を約束した人が居るんだ」
と辛そうな表情で言い、今度こそは幸せになって欲しいといわれました。
自分の事ばかり考えず、もっと先のことを考えるべきだったと後悔ばかりです。



Herzschmerz

この記事に感動したら



口下手な人ほど電話占いがお勧めです。

結婚生活の不満不倫の悩み相談で重要なのは貴方の気持ち

メールだとつい着飾ってしまいますが、電話での相談ならば本当の気持ちを知れます

説明が苦手ならば、今の状況を口で簡単に説明するだけでも、伝わります。

声の調子で、見抜くことができるのが本物の占い師です。


あなたのお悩みは?
   ⇒相談してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>